UO ゼロからの復帰 return to sakura:魔女っ子の日々

魔女っ子の日々

【 魔女っ子の日々 】 記事一覧

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PageTop

ご無沙汰の神秘メイジです

魔女っ子の日々



久しぶりに神秘メイジで遊んでみました。
本当に久しぶりすぎて操作がおぼつかなかったです(^^;)



1 エクソダスセンチネル

ちょっとマイナーなダンジョンで遊んできました。



2 パワクリ

パワクリって100ポイントももらえるんですね!
持って帰って良かったです (^^)





スポンサーサイト

▲PageTop

今度は神秘メイジで…

魔女っ子の日々



先週、戦士で行って寄り道をしてしまったブラダンですが
戦士で魔法攻撃を受けるのは苦手ですし
徒歩移動もしんどいので
昨日改めて神秘メイジで行ってきました。

*その後ペットは入口のつなぎ柱で呼ぶことができると
コメント欄で教えていただきました! 感謝です!



神秘メイジはガーゴイルなので
飛行モードでスイスイ進めます。
前回途中まで来ていましたし、
今度はGドラとかイヤなやつにも会わず
わりと難なくコントローラーのエリアまで来られました。



さぁーーーて
狩るぞぉーー!





3 また死にました

……。

狩り開始5分後くらいに狩られました (´;ω;`)


ブラダンは湧きがちょっと早すぎるのかなぁ?
でもコントローラー2体とゴーレム1体しかいないのに
こんなに簡単にやられるとか 。゚(゚´Д`゚)゚。

悔しいのでまた今度トライします!!


▲PageTop

知識の水晶玉

魔女っ子の日々



魔女っ子神秘メイジがだいぶ使えるようになってきたので
以前jやりかけにしていた「神秘のクエスト」を終わらせることにしました。


ドラゴンの血はもう集め終わっていたので
赤骨を取りにDOOMへGO!
UOSAのクエストなのでテルマーのどこかで
ゲットできたのかもしれませんが
DOOMしか在り処がわからなかったので(^^;)


1階で骨を集めるだけなので
もっと早く来ても良かったのですが
1階とは言えDOOMですし
モンスの強さとか全然覚えていなかったので
万全の態勢で望みました。


…が。



DOOM.jpg

主な相手は吸血コウモリだけでした。
あれれ??
こんなものでしたっけ(^^;)


そんなわけで難なく赤骨100本を手に入れて
ドラゴンの血100個と一緒に
クエストNPCに渡しましたら
こんなものをいただきました。



知識の水晶玉

「知識の水晶玉」



知識の水晶玉オン

これを「ON」にすると
自分が使ったスキルの難易度を教えてくれるようです。



効果

試しに「ON」にした状態で
リコールの魔法を使ってみたら
こんな表示が出ました。


スキル上げする時にこれを持っていると便利ですね!
ちょっと嬉しいです(^^)





▲PageTop

神秘メイジのスキル構成

魔女っ子の日々


コロスケがすぐに消えてしまうのは、コメントで御指南くださった通り、スキルが足りないせいだったのかもしれません!
後で自分のスキルを見てみたらフォーカスは100あったのですが、神秘が85しかありませんでした(^^;)
何を置いてもまず神秘を最低GMまでは入れないとお話になりませんですね(><)


そしてスキル構成なんですが、UO職業案内所さんのテンプレ通りだと
魔法 120
神秘 120
フォーカス 120
EI 100〜
レジ 100〜
瞑想 100

…となるようですが
ドンくさい私は生存率を上げるために鎮静必須なので、バードスキルを入れるためにレジと瞑想を抜いています(^^;)

レジも瞑想も必要となれば上げるのはわりと楽なスキルですので、とりあえずこんな感じでベースのスキルを上げてみて、後々使いにくい部分を調整すればいいかなぁ?
スキル構成的に余裕がありそうな感じですので、余ったところに錬成を40〜60くらい入れるのもアリかな?それともレジか瞑想を少しでも入れたほうがいいのかな?

なーんて、こうしてあーでもないこーでもないと考えるのも楽しいものですね!

▲PageTop

初コロスケ

魔女っ子の日々



神秘スキルがやっと上がりまして
念願のコロスケ召還しました!


初コロ助

コロスケ君が強いのかぶつけた相手が弱かったのか
よくわかりませんが、あっという間に敵をやっつけてくれました!


でも、、でも、、、
ちょっと消えるの早くないですか~?(^^;)


▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。